住宅用太陽光発電とエコキュートのセットは本当にお得になるの?

太陽光発電を検討する際、オール電化やエコキュートも同時に提案されるケースがあります。

しかし、本当にセットで付ける意味があるのか不安に思う方も多いのではないでしょうか。

そもそものエコキュートの仕組みを理解しながら、太陽光発電とマッチするのか見ていきましょう。

太陽光が気になる方はまずこちら

はじめての太陽光発電リンク

電気代が毎月●●節約?

●●しないと70%が損をする

>> はじめての太陽光発電 を読む

エコキュートとは

エコキュートの仕組み

エコキュートはヒートポンプ技術を利用し、空気の熱を二酸化炭素に集めて、その熱によってお湯を沸かす給湯機のことです。

沸かしたお湯はお風呂やキッチンなどで使用します。

ヒートポンプユニットと給湯ユニットで構成されており、この2つのユニットを合わせてエコキュート呼びます。

気体は開放すると温度は下がり、圧縮すると温度は上がります。

普段私たちは燃焼させたり、ヒーターを使ったりしてお湯を作っていることが多いですが、エコキュートはヒートポンプで集めた空気の熱を利用しているのです。

エアコンもヒートポンプを利用しており、圧縮すれば暖房に、膨張させれば冷房になります。

エコキュートの仕組み

エコキュートの仕組み
sumaimoより

なんとなく難しそうなエコキュートですが、それぞれの流れを見てみるととてもシンプルです。

  1. 空気中の熱を取り込み、その熱を二酸化炭素(自然冷媒)が吸収する
  2. 二酸化炭素を圧縮して高温にする
  3. 高温になった二酸化炭素の熱を水に伝えてお湯を作り、貯湯ユニットに貯める
  4. 熱を渡してしまった二酸化炭素を膨張させて温度を下げることで、また空気中の熱を取り込めるようにする

この1~4を繰り返しお湯を作っていきます。

自然冷媒とは、自然界にある、熱を移動させるための熱媒体となるもののことで、二酸化炭素やアンモニア、イソブタンなどがあります。

自然冷媒はオゾン破壊係数がゼロであることに加え、代替フロンよりも地球温暖化係数も低いため、環境に良いとされています。

つまりエコキュートは、環境負荷の小さい二酸化炭素を圧縮したり膨張させたりしながら、熱の受け渡しをおこなうことでお湯を作る機器ということです。

太陽光発電とエコキュートの相性

太陽光発電とエコキュートの相性

エコキュートは空気中の熱を利用した給湯器と先述しましたが、エコキュートは電気で動きます。

つまり、今までガスが給湯していた家庭はエコキュートを導入することで、ガス使用量を削減し、電気使用量を増やすことになります。

エコキュートを導入している家庭は夜間に料金が安い電気プランを契約し、前日の夜間に翌日のお湯を貯めておくというケースが多いです。

例えば、東京電力の「電気上手」の1kWhあたりの電気料金は以下の通りです(夏季の場合)。

昼間朝晩夜間
39.44円32.32円12.48円

このような夜間電力を利用すると、エコキュートのランニングコストはガス給湯機の約6分の1ほどと言われています。

一方、気になるのが電気を使うのはエコキュートだけではありません。

昼間にたくさん他の家電で電気を使ってしまうと、ガス代削減額よりも電気代がむしろ高くついてしまう可能性があります。

この弱点を補ってくれるのが太陽光発電です。

昼間に太陽光で発電した電力は家庭内で利用することができるため、その分電気を買わなくてよくなります。

つまり、昼間は太陽光発電の電力で家電を使用し、太陽の出ていない夜間の電気単価が安い時間にエコキュートで給湯すれば、お互いの弱点を補い合いながら光熱費節約を行うことができます。

このような特性上、太陽光発電とエコキュートの相性は良いと言えます。

太陽光発電+エコキュートセットの費用対効果はどう?

トータルの経済メリットとしてはどう?

結論から申し上げると「太陽光発電のみ」は元が取れる可能性が高いですが、エコキュートはそうとも言い切れません。

その理由はエコキュートは設置費用と寿命にあります。

エコキュートの設置費用は、容量にもよりますが、40~60万円ほどです。

そしてエコキュートの寿命はヒートポンプユニットが5~10年、貯湯ユニットが10~15年です。ヒートポンプの寿命が先に来てしまう可能いが高く、交換費用は15万円ほどかかります。

これらの費用の元を取り、経済メリットを出せるかどうかは各家庭の掛かっているガス代によります。一般的な家庭ではガス代の8割が給湯によるものです。

一般的なエコキュートの投資回収期間は7年程と言われていますので、各家庭の状況で想定しないと、元が取れずに寿命を迎えてしまう可能性があります。

一方、太陽光発電の初期費用は100~150万円ほどで寿命はパネルが20~30年、パワーコンディショナーが10~15年です。パワーコンディショナーの交換費用は15~20万円ほどです。

太陽光発電は電気代の節約だけではなく、余った電気は電力会社に売電できるため、経済メリットが大きいです。

投資回収期間は10年が基準にされることが多いため、少なくとも元が取れる可能性は非常に高いです。

また、それだけではなく停電時には非常用電源として電気を利用できるため、安心にも繋がります。

特にもともとエコキュートを設置している方は太陽光発電を設置することは非常におすすめです。

太陽光発電も注意すべき点が….。

太陽光発電は経済性メリットが大きいと先述しましたが、それは「適正価格」で設置できた場合です。

それは太陽光発電は扱っているメーカーが同じであっても販売店によって価格が大きく異なるからです。

2倍以上の価格差が生じることもあるようです。

みんなの太陽光発電では、設置した方に経済メリットが出るよう、なるべく価格を抑えて太陽光発電システムを提供しています。

環境にも、お財布にも優しい太陽光発電をけんとうしてみてはいかがでしょうか。

Proシミュレーションもこちらから無料でご相談
NO IMAGE

屋根に降り注ぐ太陽光の価値は?

毎月、約8,000

あなたは、いつまで無駄にしますか?