太陽光発電の変換効率を90%の人が間違え損している

ほとんどの人が、太陽光発電・ソーラーパネルの変換効率について間違った認識をしています。これは、プロを含めてです。

そしてその結果、大きく損をしてしまいます。

もしもあなたが太陽光発電を始めようと思っているのならば、この記事は必ず見るようにしてください。

太陽光が気になる方はまずこちら

はじめての太陽光発電リンク

電気代が毎月●●節約?

●●しないと70%が損をする

>> はじめての太陽光発電 を読む

90%の人が間違える変換効率の問題

まずは、こんな問題を考えてみましょう。

A、B2つのソーラーパネル(5kW)があります。Aの変換効率は20%、Bの発電効率は10%です。どちらが発電量が多くなるでしょうか??
パネル容量変換効率発電量
5kW20%??
5kW10%??

答えは、「AもBも発電量は同じ」になります。

パネル容量変換効率発電量
5kW20%同じ
5kW10%

もう一度言います。AもBも発電量は全く変わりません。

もしあなたがこの問題を間違えたのであれば、太陽光発電での失敗予備群です。「変換効率」という言葉の響きに騙されてはいけません。

どうして発電量が同じなのか?では、変換効率とは何か?をしっかり理解するようにしましょう。

変換効率とパネル容量の関係を理解しよう

変換効率とは何か

変換効率

変換効率とは、「光エネルギーを電気エネルギーに変換できる割合」のことです。変換効率が高ければ高いほど、同じ光の量からでもたくさんの電気エネルギーを生むことができます。

この内容自体は、先ほどの問題を間違えた人も納得するでしょう。

では、どうして先ほどの問題を間違えてしまったのか。実は、パネル容量についての認識が違っていたからです。

パネル容量はどれだけ電気をつくれるかを表す

パネル容量

パネル容量は、どれだけ電気を発電できるかを表します。

ポイントは、太陽光の量とは何も関係がないことです。

たとえば、パネルに当たる太陽光が100だろうが、200だろうが、発電する電力が20であるならば、そのパネル容量は20なのです。

パネル容量

1kgの鉄と1kgの綿、どちらが重いですか?

ここまでの話を踏まえて、先ほどの問題をもう一度考えてみましょう。

パネル容量変換効率発電量
5kW20%??
5kW10%??

パネルがAとパネルB、変換効率が20%と10%で違いますが、パネル容量は5kWで同じです。

つまり、「どちらの発電量が大きいか?」という問題に対しては、「どちらも5kWなので変わらない」ということになります。

5kWのときの発電量を20とすれば、先ほどの問題は、下の図のように考えることができます。

問題の解答

この問題は、「1kgの鉄と1kgの綿どちらが重いですか?」という質問と同じです。

「密度」であれば鉄のほうが大きく、重いイメージを持っているでしょう。しかし、両方とも「1kg」ずつあれば、重さはもちろん同じですよね。

普通の生活であればわかるようなひっかけ問題に、なぜか太陽光発電では引っかかり続けているのです。

パネル容量がわかれば変換効率は知る必要がない

ここまででわかることは、1つ。

消費者は、太陽光発電の「設備容量(設置容量)・パネル容量」だけ知りましょう。はっきり言って、発電効率を知る必要は全くありません。

太陽光発電で最も重要なことは、「どれだけ発電ができるか」ということです。そして、その答えは、設備容量・パネル容量から出します。発電効率が高かろうが、全く関係がありません。

では、どうして「変換効率」という数値があるのか。

それは、設備容量がわからない時には、判断基準になるからです。

変換効率が高いとどうなるか

まだどこに太陽光発電を付けるかわかっていないとします。その場合は、どのパネルを使えばいいでしょうか?

そのときに選ぶ基準になるのが「変換効率」です。

変換効率が高いほうが、どこの場所であっても有利になる可能性が高くなります。ただし、実際には、パネルの形やサイズ、家の屋根面によって異なります。

見積もりをするだけでOK

太陽光発電をする人にとっては、どこに取り付けるかが決まっています。そのため、変換効率など気にせず「実際の設備容量(パネル容量)」を知ればいいのです。

そのために必要なことが、見積もり。

だから太陽光発電は、まず見積もりをすることが重要なのです。

パネルの発電効率に悩むくらいなら、見積もりして何キロワットの設備容量になるかを調べてみましょう。

Proシミュレーションもこちらから無料でご相談

変換効率に騙されるな

騙されるな
パネル容量変換効率発電量
5kW20%同じ
5kW10%

「変換効率」の響きに騙されてないけません。

変換効率が高くても、パネル容量が同じであれば、発電量は同じです。

そして、同じ理由で、このような商品文句も嘘です。

「キロワット単価が高いけれど、変換効率が高いからお得です!」

パネル容量価格キロワット単価発電量
5kW100万円20万円/kW同じ
5kW150万円30万円/kW

キロワット単価が高いのであれば、発電量に対して価格が高いだけです。

太陽光発電は、「初めて買う」消費者がほとんどです。だからこそ、間違ったことを言われても信じる人がたくさんいます、

そして、販売者も「間違ったことを言っても怒られない」ので、自分でも気づかないうちに嘘をつき続けることになります。

太陽光発電は、今どんどんと広がっています。皆が正しい知識をもって、実りある太陽光発電生活を送ることができることを祈っています。

関連記事

この記事は、「【連載企画】太陽光発電が得か損か、シミュレーション開発者が全て解説します」の一部です。太陽光発電の1番のメリットとして、「お得」ということが挙げられます。しかし、本当にお得なのか?ちゃんと儲かるのか?心配な方は多[…]

hammer
NO IMAGE

屋根に降り注ぐ太陽光の価値は?

毎月、約8,000

あなたは、いつまで無駄にしますか?