太陽光発電が得か損の計算に必要な6つのキーワード

太陽光発電の1番のメリットとして、「お得」ということが挙げられます。

しかし、本当にお得なのか?ちゃんと儲かるのか?心配な方は多いのではないでしょうか。

今回は、得か損かの判断には何が必要なのか、そして、それらはどのようなものなのかを解説します。

これを見れば、間違った記事や営業に騙されたり、後悔する心配もなし!さっそくご覧ください。

太陽光が気になる方はまずこちら

はじめての太陽光発電リンク

電気代が毎月●●節約?

●●しないと70%が損をする

>> はじめての太陽光発電 を読む

太陽光発電が得か損かの考え方

太陽光発電が得か損か計算する方法

太陽光発電がお得かどうかを判断するには、簡単な考え方をします。

太陽光発電によって手にできる価値(収益)と、太陽光発電によって払うお金(費用)を比べて、収益のほうが大きければ「お得」。費用のほうが大きければ「損」になります。

その関係を表したものが、下の図になります。

利益の計算

収益の種類としては、節電収入と売電収入があります。そして、費用としては、初期費用と維持費用があります。

収益から費用を引いたものがお得額(利益)ですので、これがプラスであればあるほど、「太陽光をやらないよりも、やったほうがいい」ということになるわけです。

重要なポイントをもう一度述べます。

太陽光発電が得か損かを考えるときには、

  1. 節電収入
  2. 売電収入
  3. 初期費用
  4. 維持費用

この4つが必要になります。

そして、この4つがわかれば、太陽光発電が得か損か、すべてわかります。

キーワード:「初期費用」「維持費用」

もっとも簡単に把握できるキーワードは、初期費用と維持費用です。

太陽光発電の初期費用には、以下のようなものが考えられます。

  • 太陽光パネルの費用
  • パワーコンディショナーの費用
  • 設置工事の費用

太陽光発電の費用で、最も大きい費用です。

これらの費用は、業者に見積もりをとることで正確な値がわかります。

 
みんたい君
最近は、初期費用0で太陽光発電を始めるプランも人気です。詳しくはこちらのページをご覧ください。

太陽光発電は、パネルの寿命が20年30年とあり、長い期間発電できます。

そのぶん、維持費用も重要であり、以下のような費用を押さえておく必要があります。

  • パワーコンディショナー交換費用
  • メンテナンス費用
  • 保険代

パワーコンディショナーの交換などは将来の価格に依存するため、今すぐに正確な値を出すことは難しいですが、おおよそどれくらい出費する可能性があるのかは、把握する必要があるでしょう。

また、お住いの地域の補助金を活用することで、これらの費用を安くすることが可能です。

節電収入と売電収入

節電収入と売電収入

初期費用や維持費用と比較して、考え方が難しいものが、

  1. 節電収入
  2. 売電収入

です。

これらは、直接いくらかを把握することができません。

そこで、このあと述べる4つのキーワードから計算することになります。

キーワード:「発電量」「自家消費率」

太陽光発電の仕組みとして、発電した電気は、はじめは自宅で使います。そして、その余りを売電します。

発電量と自家消費率

節電収入と売電収入を計算するには、「どれだけ自宅で電気を使ったか」と「どれだけ売電できたか」の情報が必要です。

そして、その情報のためには、発電量自家消費率が必要となります。

たとえば、「発電量が100kWhで、自家消費率が50%」だった場合は

「自宅で使った電力量が50kWh。売電した電力量が50kWh」とわかります。

このように

  • 発電量
  • 自家消費率

の2つがわかることで

「どれだけ自宅で電気を使ったか」と「どれだけ売電できたか」が計算できます。

関連記事

この記事は、「【連載企画】太陽光発電が得か損か、シミュレーション開発者が全て解説します」の一部です。今回は、太陽光発電の最も重要なポイントである、発電量に関する記事になります。太陽光発電の発電量に関しての記事はたくさんあります[…]

計算

キーワード:「節電価値」「売電価値」

続いては、「自宅で使った電気の価値」と「売電した電気の価値」はいくらなのかを考えなくてはなりません。

電気の価値

自宅で使った電力量が50kWhだった場合に、節電の価値が20円/kWhだとしたら

50 × 20 = 1000 円

が節電収入となります。

また、売電の電力量が50kWhの場合に、売電の価値が10円/kWhだとしたら

50 × 10 = 500 円

が売電収入となります。

このように、節電収入と売電収入を計算するためには

  • 節電価値
  • 売電価値

の情報が必要です。

関連記事

太陽光発電の大きなメリットである節電。今回は、太陽光発電を始めたときに、実際に電気代がどれくらい安くなるのか、蓄電池の有無など様々な場合を想定し検証したいと思います。さあ、夢の電気代ゼロもあり得るのか? 光熱費を下[…]

まとめ:太陽光発電6つのキーワード

いままでの内容を下の図でまとめました。

太陽光発電計算全体像

つまり、6つの情報がわかれば、太陽光発電お得かどうかが計算できることになります。

  • 発電量
  • 自家消費率
  • 節電価値
  • 売電価値
  • 初期費用
  • 維持費用

この6つが、太陽光発電の「お金」を考える上での最重要キーワードです。

もちろん、お金以外にも、非常用電源や環境問題を考えるときにも重要になる言葉です。覚えておいて損はないでしょう。

それぞれのキーワードをどのように計算するのか?どのように考えればいいのか?は、連載にまとまっていますので、ぜひご確認ください。

関連記事

太陽光発電の1番のメリットとして、「お得」ということが挙げられます。[sitecard subtitle=関連記事 url=https://www.solar-energy.site/column/merit-demerit/ ta[…]

NO IMAGE

屋根に降り注ぐ太陽光の価値は?

毎月、約8,000

あなたは、いつまで無駄にしますか?