家庭用蓄電池を買うなら太陽光の電気は捨てたほうが得な理由

太陽光が気になる方はまずこちら

はじめての太陽光発電リンク

電気代が毎月●●節約?

●●しないと70%が損をする

>> はじめての太陽光発電 を読む

蓄電池の価値は「マイナス」

蓄電池の価値

停電時の対策となる蓄電池。

現在、太陽光発電と組み合わせることで、太陽光発電の自家消費を増やす方法として注目もされています。

しかし、その注目はあくまで将来を見越したもの。今の時点では「電気を捨てるだけ」に比べても、経済的な価値はマイナスです。

すなわち、蓄電池を買って自家消費をするくらいなら、電気を捨てたほうがマシということです。

本当にマイナスになってしまうのか、そして、いつになればプラスになるのか。しっかりシミュレーションしてみましょう。

「蓄電池で自家消費を増やしましょう。お得です。」こう言ってくる業者には注意が必要です。蓄電池で利益を上げることは、2020年ではほとんど不可能です。

蓄電池による収益は25~60万円

蓄電池の収益

まずは、蓄電池によってどれだけの収益(利益ではありません)があるかを計算してみましょう。

自家消費率は20~50%増える

蓄電池をいれることによる一番のメリットは、昼に発電した電気を夜に使用できることです。

これにより、太陽光発電の自家消費率があがります。

たとえば、太陽光発電の容量を5kWとしたときには、自家消費率が20%から50%増加することになります。

蓄電池と自家消費
ポストFITを見据えた太陽光発電と蓄電池のあり方(IEEJ)より作成

自家消費率の上り幅は、蓄電池の容量によって異なります。

蓄電容量が大きければ大きいほど、自家消費率は増えます。ただし、ある一定の蓄電容量を超えると、自家消費率の伸びは少なくなります。

また、蓄電容量が大きければ大きいほど、価格やサイズも大きくなってしまいます。

そのため、一般的な家庭用蓄電池は、4~10kWhほどが最適な容量となることがほとんどです。

  • 蓄電池の容量は、4~10kWhほど
  • 自家消費率は20~50%増加する

忘れがちな「蓄電ロス」

蓄電池を導入したときに忘れがちなのが、蓄電池の充放電による「電気のロス」です。

今までであれば、発電した電気のうち、自家消費をしない分はすべて売電ができました。

しかし、蓄電池を使う場合には、充放電のロスが発生してしまします。そのため、自家消費をしない分が全て売電できるわけではありません。

充放電ロス

このロスは、およそ自家消費量増加分の10%となります。つまり、自家消費率が30%から70%になったならば、充放電によるロスは、(70-30) ÷10で4%となります。

蓄電池の有無自家消費率売電率ロス率
なし30%70%0%
あり70%26%4%

ロスの分だけ、売電量が少なくなってしまいます。

蓄電池による収益の計算結果

それでは、蓄電池がない場合に比べて、蓄電池がある場合はどれだけ収益が上がるか見てみましょう。

比較するのは、先ほどのグラフにでてきた5つの場合です。このそれぞれの蓄電容量で、自家消費による節電額と、売電額がどうなるかを計算します。

年間でどのくらい違いが出でるか見てみましょう。

計算方法
電気料金契約:東京電力スタンダードS(50A)
自家消費率:上図の通り
充放電ロス:自家消費量の10%
年間電気使用量:6,123kWh
月間電気使用量:年間電気使用量/12
年間PV発電量:5,966kWh
月間PV発電量:年間PV発電量/12
売電価値(FIT期間終了後):10円/kWh
蓄電池の充電:昼の間のみ(夜間充電なし)
蓄電池の収益計算
蓄電容量節電額売電額合計差額
蓄電池なし6.0万円4.2万円10.2万円
4.2 kWh9.8万円2.9万円12.7万円+2.5万円
6.2 kWh11.6万円2.2万円13.8万円+3.6万円
8.9 kWh13.3万円1.6万円14.9万円+4.7万円
13.9 kWh15.3万円0.9万円16.2万円+6.0万円

上の結果を見てわかる通り、蓄電池を入れたほうが、年間で2.5万円~6万円分電気を有効活用できるとわかりました。

さて、蓄電池の寿命は、10~15年と言われています。

もしも蓄電池を10年後に取り換えることを考えれば、1つの蓄電池を導入したことによるメリットは、先ほどの年間の利益を10倍した25万円~60万円となります。

関連記事

太陽光発電の大きなメリットである節電。今回は、太陽光発電を始めたときに、実際に電気代がどれくらい安くなるのか、蓄電池の有無など様々な場合を想定し検証したいと思います。さあ、夢の電気代ゼロもあり得るのか? 光熱費を下[…]

蓄電池による費用は100万円以上

蓄電池の費用

続いて、蓄電池の費用を見てみましょう。

先ほどの容量の蓄電池を買うにはいくらかかるでしょうか。

日本の相場

まず、経済産業省の蓄電池に関する資料によると、2016年度の寿命10年の蓄電池の価格は、20万円/kWhとなっています。ただし、この価格には、工事費は入っていません。

工事費分が値下がりしたとして、単純にこの金額を当てはめるのであれば、次のようになります。

蓄電容量価格
4.2 kWh84万円
6.2 kWh124万円
8.9 kWh178万円
13.9 kWh278万円

テスラパワーウォール

蓄電池の黒船となる可能性が高い蓄電池が、テスラ社のパワーウォールという商品です。

容量は13.5kWhとなっており、税込み価格で108.9万円。テスラ社のHPに記載の設置工事費40万円~55万円を含めれば、およそ160万円となります。

これは、先ほど示した日本の相場の半分ほど。圧倒的な低価格となっています。

やはり蓄電池は「損」なのか?

蓄電池の利益計算結果

蓄電池の利益

さきほどの収益と費用をまとめて、蓄電池による利益を計算してみましょう。

蓄電容量利益収益費用
4.2 kWh– 59万円25万円84万円
6.2 kWh– 88万円36万円124万円
8.9 kWh– 131万円47万円178万円
13.9 kWh– 218万円60万円278万円
13.5 kWh
(テスラ)
– 100万円60万円160万円

計算結果はやはりマイナス。

コストパフォーマンスに優れたテスラですら、費用が半額以下にならなければ太刀打ちできません。

さらにいえば、これはFITがおわったときの売電金額を基にしています。FITが終わる前に蓄電池をいれると、

これが、蓄電池の現状なのです。

蓄電池の目的は、あくまで災害対策

ただ、だからといって、蓄電池自体がだめなわけではありません。

蓄電池を「利益目的」で買うのは全くお勧めできないだけです。

蓄電池のメリットは、電気を貯められることです。それは、停電が起きたときなどの災害対策として効力を発揮します。

停電時間
実は大きく違う、各国の年間停電時間(資源エネルギー庁)より

日本は本来停電がとても少ない国です。

しかし、2011年のように、いきなり大規模な停電が起きる可能性があります。

太陽光発電だけでも停電対策となりますが、単体では昼にしか利用ができません。また、天気によっては発電が不安定でしょう。

このような状況でも安心して電気を使えるようにするために、蓄電池を導入するのです。

それから、「環境に良い電気を自分で使いたい」という方にも蓄電池はお勧めできます。環境価値の創出にももってこいです。

以上のことから

  • 災害対策(夜の電源として)
  • 環境価値

この2点のために蓄電池は買うべきであり、そのためのお金が先ほどのマイナスの利益額なのです。

みんなの太陽光発電では、災害対策として、そして環境価値を生みす手段として、蓄電プランを販売しています。FITが終わった方でも大丈夫です。「お得になります」という営業は一切なしに、蓄電池の検討がしたい方。ぜひ一度ご相談ください。

蓄電池が得なのではなく、太陽光発電がお得

いやいや利益になると見せられました!

という方のよくある勘違いとして、「太陽光発電+蓄電池」の利益額を見せられている可能性があります。

たとえば、太陽光発電単独であれば100万円の利益が出るところ、太陽光発電+蓄電池を入れることで20万円の利益になるといった具合です。

システムの種類利益額
太陽光発電100万円
蓄電池-80万円
太陽光発電+蓄電池20万円

本来は100万円の利益が出るところを、蓄電池を入れたばっかりに80万円も損をしてしまっています。

さらにいえば、このような業者は、太陽光発電+蓄電池の利益額自体も都合よく見せている可能性があります。

たとえば、ネット上でシミュレーションできるある会社では、維持費用を入れていなかったり、電気の価値を過大評価していました。その結果、同じ条件でありながら、80万円以上も高い利益額かのように表示していました。

利益の過大評価

もしもこのようなシミュレーションに当たってしまうと、最悪です。

さきほど+20万円だと思っていた利益額も、実際は-60万円だった。ということにもなります。

太陽光発電にしても、蓄電池にしても、事前のシミュレーションには十分にご注意ください。

Proシミュレーションもこちらから無料でご相談

ストレージパリティに向けて

では、いつまでも蓄電池は経済的にメリットはないのか?

それは、わかりません。

しかし、将来は経済的にもメリットを持つと確信しているのが、今の日本と世界の流れです。

逆に、経済的なメリットを持つようにできなければ、SDGs太陽光発電によるエネルギーミックスの達成が非常に困難になってしまいます。

だからこそ、なんとか蓄電池の値段を下げて、世界に広めようと皆が頑張っているのです。

近年蓄電池が注目されているのは、「消費者にとっていいから」ではなく、蓄電池が将来必須であることが明らかになっているから。というのが、正しいかもしれません。

ちなみに、蓄電池をいれることに経済的なメリットがある水準のことを、ストレージパリティと呼びます。

2020年に太陽光発電を始める人は、FITの期間が終了するのは2030年です。

2030年にストレージパリティが達成されているのか、注目です。

まとめ:捨てたほうが得な理由

蓄電池は、収益に対して費用が大きすぎて、必ずマイナスになります。

それを踏まえて、タイトルの「家庭用蓄電池を買うなら太陽光の電気は捨てたほうが得な理由」に回答しましょう。

先ほどは、自家消費をしない分の電気は「安い価格で売る」ことにしていました。

では、自家消費をしない分の電気を「捨てる」ことにした場合、蓄電池の収益はどうなるでしょうか。

先ほどの上の図の、青い部分がまるまるなくなってしまう場合です。蓄電池をいれたときの収益が大きくなります。

余った電気を捨てた場合と、余った電気を蓄電池で使った場合を比べた結果が下の表です。

蓄電容量利益収益費用
4.2 kWh– 46万円38万円84万円
6.2 kWh– 68万円56万円124万円
8.9 kWh– 105万円73万円178万円
13.9 kWh– 185万円93万円278万円
13.5 kWh
(テスラ)
– 67万円93万円160万円

以上、電気を捨てたほうが得な理由は、蓄電池の値段が高すぎるからです。

みなさんも、蓄電池のメリットとデメリットをしっかりと見極めて、正しく向き合いましょう。

もしもFITが終了して、「お得のために」自家消費をなんとかしてあげないとと思っている方は、蓄電池以外の選択肢も検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事

自分で作った電気は自分で使いたい!太陽光発電の基本は自家消費だ!そんな皆さんにお応えして、太陽光発電で自家消費をする方法、自家消費を増やす方法を5つご紹介します。少しあり得ないものから、おすすめの方法まで、これをみて自家消[…]

NO IMAGE

屋根に降り注ぐ太陽光の価値は?

毎月、約8,000

あなたは、いつまで無駄にしますか?